施工管理技士のお仕事探求マガジン » 施工管理技士としての働き方に関するQ&A~キャリアアドバイザーがお答えします~

施工管理技士としての働き方に関するQ&A~キャリアアドバイザーがお答えします~

キャリアサポート課スタッフ

施工管理は未経験でも大丈夫?試験の難易度はどれくらい?…施工管理のお仕事にまつわるさまざまな疑問に、共同エンジニアリング在籍スタッフとのカウンセリング面談や社内研修を通じて、一人ひとりのキャリア形成や適正配属のサポートを実施している「キャリアサポート課」のスタッフがお答えいたします。

Q.未経験でも施工管理技士になれる?

A.なれます。共同エンジニアリングでは『未経験プロジェクト』というものを実施しており、未経験の方でも施工管理技士を目指してもらえるよう積極的にバックアップしております。弊社に在籍している社員は、飲食業やサービス業といったまったく分野の異なる業種から転職された方も多く、初めての方でもご安心ください。

未経験での施工管理業務について詳しく見る

Q.施工管理技士の難易度はどれくらい?

A.施工管理技士の試験の難易度は決して低くありません。試験では機器や材料といった現場施工の知識をはじめ、工程管理や安全管理といったマネジメント面の知識も求められます。共同エンジニアリングでは、建築・不動産関連の資格専門スクール『総合資格学院』の協力のもと資格取得をサポートしているため、初めての試験でも安心です。

施工管理技士試験の難易度について詳しく見る

Q.施工管理技士は独学でもなれる?

A.独学でも資格取得は可能です。ただし、難易度の低い試験ではないため、就業しながら毎日コツコツと勉強しなければいけません。共同エンジニアリングでは『総合資格学院』と提携を組み、資格取得を応援しています。専門スクールならではのノウハウが詰まった講義を受けられるため、一人での試験対策が不安な方に最適です。

施工管理の独学について詳しく見る

Q.施工管理技士に向いている人・向いていない人ってある?

A.コミュニケーションが好きな方は施工管理技士に向いています。苦手な方でも大丈夫、コミュニケーションは現場でも鍛えられるスキルです。共同エンジニアリングでは未経験でも成長意欲のある方を積極的に採用しており、未経験者向けの育成プログラムを揃え初めての建築業界でも活躍できるサポートを行っています。

施工管理に向いている人・向いていない人について詳しく見る

Q.施工管理技士の給料・年収ってどれくらい?

A.施工管理技士の年収は全世代の平均で452万円です。建設業界の全体平均年収423万円よりも高い傾向にあり、施工管理技士の資格を取得することで企業から能力が評価されて年収アップにつながることがわかります。そのほか、より好待遇な企業への転職にも有効です。共同エンジニアリングでは資格手当を支給しているため、資格手当だけで約40万円の年収アップを実現できますよ。

施工管理技士の給料・年収について詳しく見る

Q.施工管理技士は人手不足なの?

A.施工管理技士だけでなく、高齢化が進んでいる建設業界全体で人手不足が課題となっています。若い世代の需要はどんどん高まっており、確実な年収アップを目指すのであれば施工管理技士が絶好の狙い目です。共同エンジニアリングでは3年前から未経験者を積極的に採用しており、資格手当で年収を約40万円アップできます。

人手不足の状況について詳しく見る

Q.施工管理技士に将来性はある?

A.施工管理は将来性のある仕事です。震災の復興事業の遅れや都市の建築物の見直しなどで、施工管理技士の需要は今後ますます高まっていくと予想されます。将来性があるからこそ、共同エンジニアリングでも未経験者向けの育成プログラムで人材育成に注力しています。『総合資格学院』の協力のもと資格取得もサポートしているため、初めての方でも安心です。

施工管理技士の将来性について詳しく見る

Q.施工管理技士の正社員として働くメリット・デメリットとは?

A.施工管理技士の正社員として働くと、監理技術者や主任技術者などといった正社員の施工管理技士でなければ就けない職務・役割を任せてもらえます。裁量が大きくなる分、やりがいも◎。また派遣と異なり、業界全体の景気に左右されない安定性もあるのではないでしょうか。一方、休日出勤や時間外労働など、業界全体の人手不足ゆえの問題にさらされてしまうデメリットもあります。

正社員のメリット・デメリットについて詳しく見る

Q.施工管理技士の派遣社員として働くメリット・デメリットとは?

A.多くの建築物や現場に携われ、身につけた幅広い経験やスキルが給料として評価されるメリットがあります。派遣会社が勤怠管理を行うため、時間外労働やサービス残業などが発生することはほぼなく、自分の時間を確保しながらしっかり稼ぎたい方に最適です。一方で、景気に左右されやすい不安定さはデメリットに。とはいえ、こんなにも施工管理の需要が高まっている中で、そのような心配は必要ありません。

派遣社員のメリット・デメリットについて詳しく見る

男性施工管理技士

一人ひとりの「キャリア形成」を一緒に考えます

とくに未経験で施工管理のお仕事を始める方は毎日が初めてのことだらけで不安を抱くことも多いかと思います。そこで共同エンジニアリングの採用面接は、1.5~3時間。一般的な派遣会社の面接時間である1~1.5時間程度と比べると、たっぷり時間をかけて行うことをご理解いただけるのではないでしょうか。一人ひとりの悩みや理想に耳を傾け、また入社後にギャップを感じないよう施工管理の仕事について良いところも悪いところも全部説明し、皆さんのキャリア形成を一緒に考えます。入社後もカウンセリング面談や社内研修を通してサポートをし続けます。