施工管理技士のお仕事探求マガジン » プロに学ぶ!施工管理技士になるには?資格の種類と勉強方法ガイド

プロに学ぶ!施工管理技士になるには?資格の種類と勉強方法ガイド

共同エンジニアリング研修講師

国内外の建設コンサルティング事業で豊富な実績を持つ、共同エンジニアリング株式会社で施工管理の研修を務める講師が、資格の種類を解説します。またそれぞれの資格に向いている人の特徴もまとめましたので、資格取得時のご参考にしていただければ幸いです。

建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、工事現場の監督や進行の管理をするための資格で、1級と2級があります。施工計画の作成や現場の安全管理・品質管理、発注者との打ち合わせ、技術者への指導など、業務内容はさまざま。1級と2級で仕事内容に大きな違いはありませんが、1級のほうがより大規模な現場を任され、責任も大きくなります。

建築施工管理技士の資格はこんな人におすすめ

建築施工管理技士の仕事内容・年収・受験資格を見る

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士とは、電気工事の現場で施工計画の作成や品質・安全管理などを行うための資格です。1級と2級がありますが、仕事内容に大きな違いはなく、受け持つことができる現場の規模が異なります。現場の技術者に指示を与えたり、トラブルが起きたときに対応したりと、判断力が求められる仕事です。

電気工事施工管理技士の資格はこんな人におすすめ

電気工事施工管理技士の仕事内容・年収・受験資格を見る

土木施工管理技士

土木施工管理技士とは、道路や河川などの土木工事現場で施工管理の仕事をするための資格です。1級では「監理技術者」となって現場を指揮することができ、2級では「主任技術者」となり工程ごとの責任者になることができます。施工計画を作成するほか、現場の工程管理・安全管理など、土木工事の現場に欠かせない仕事です。

土木施工管理技士の資格はこんな人におすすめ

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、管工事を行う現場を管理・監督するための資格です。空調や給排水、ダクトなど、建物に欠かせない設備の工事をするのが管工事。管工事施工管理技士は、施工管理の立案や進行の管理、監督を行います。1級と2級があり、1級はより大規模な現場を担当するほか、「監理技術者」として現場を指揮することが可能です。

管工事施工管理技士の資格はこんな人におすすめ

造園工管理技士

造園工管理技士とは、あらゆる工事現場のなかでも「造園」を手掛ける現場において施工管理をするための資格です。公園や学校、ビルの屋上の緑化、遊園地の造成など、関わる仕事はさまざま。1級と2級があり、1級は「監理技術者」または「主任技術者」になることができ、2級と比べて業務の幅が広がります。

造園工管理技士の資格はこんな人におすすめ

建設機械施工技士

建設機械施工技士とは、建設機械を用いた施工を管理・監督するための資格です。ブルドーザーや油圧ショベルなどの機械を正しく安全に使うために、現場に指導します。2級は第1種~第6種のうち取得した種類の機械の指導と小規模な現場の主任技術者に、1級は各種機械の指導に加えて主任技術者と監理技術者になることができます。

建設機械施工技士の資格はこんな人におすすめ

研修風景

たたき上げの成長はひと昔前の話。
未経験者でも安心の充実の研修をご用意!

共同エンジニアリングでは新入社員向けに綿密なカリキュラムが組まれた15日間にも及ぶ充実の研修を実施。コースによっては2~4週間、また追加講習等も行っています。たたき上げが多いこの業界でこれだけの研修制度を用意している企業は他にないのではないでしょうか。研修期間中には派遣先が決まるため、自宅待機も基本的にありません。資格取得にももちろん注力しており、建築・不動産関連資格試験の専門スクール「総合資格学院」と提携。働きながら、勉強が可能です。テキストや授業料、受験料も一部サポートしております。