施工管理技士のお仕事探求マガジン » プロに学ぶ!施工管理技士になるには?資格の種類と勉強方法ガイド » 建築施工管理技士

建築施工管理技士

共同エンジニアリング研修講師

建築施工管理技士とは、多くの専門工事からなる工事現場において決められた工程内で進行できるようまとめて管理する仕事です。そんな建築施工管理技士について、国内外の建設コンサルティング事業で豊富な実績を持つ、共同エンジニアリング株式会社で施工管理の研修を務める講師が解説します。受験資格や求められる知識・スキルのほか、仕事内容や給与事情もまとめています。

建築施工管理技士の仕事内容とは

中小規模から大規模な建物の施工管理を担当

建築施工管理技士の1級または2級のどちらを取得しているかによって、管理できる建物の規模が変わってきます。1級を有している方だと超高層ビルや公共施設といった大規模な建物、2級の場合は中小規模の施工管理に携われるようになります。また、派遣社員を除いて1級取得者は監理技術者に、2級取得者は主任技術者として現場で活躍できるのも資格取得者ならではですね。資格取得者は建築施工管理技士としての知識や経験が認められている分、責任とやりがいのある仕事を任せられるようになります。

管理能力が問われる責任とやりがいのある役割

建築施工管理技士の1級を取得している場合、任せられる裁量が2級に比べてグンと広がります。たとえば2級取得者だと若手技術職員の指導役をはじめ、協力業者や設計事務所と具体的な打ち合わせができるようになりますが、1級取得者は工事全体を把握しながら施主や設計事務所との打ち合わせ、若手に限らない部下や協力業者への指示や指導が可能です。建築施工管理技士の管理能力や指示の内容が工事の進行に影響を与えるため責任は重大ですが、現場に欠かせない存在としてのやりがいも大きい仕事ですね。

建築施工管理技士の資格取得者の年収はどれくらい?

資格取得で年収18~36万円アップを実現!

共同エンジニアリングでは1級の資格取得者には年に36万円、2級取得者の場合は年に18万円の資格手当を支給しています。そのため、資格を持っていない方に比べて18~36万円の年収アップが可能です。また、経験年数や物件規模、本人の能力を基本給にプラスし、経験や努力が給与にしっかりと反映されるようにしています。条件はありますが年に2回の賞与も支給しているため、月収に毎月の資格手当、賞与を含めた金額が共同エンジニアリングでの年収になります。

建築施工管理技士になるには?受験資格まとめ

1級 建築施工管理技士

一般財団法人建設業振興基金の施工管理技術検定公式HPの「平成30年度 1級建築施工管理技術検定のご案内」ページより引用します。

下表の区分イ〜ニのいずれか一つに該当する方が受験可能です。

  • [注1]実務経験年数は、学科試験前日までで計算してください。
  • [注2]実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。

指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。

区分 学歴又は資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後5年以上 卒業後7年6ヶ月以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後10年以上 ※1,※2 卒業後11年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 15年以上 ※2
2級建築士試験合格者 合格後5年以上
2級建築施工管理技術検定合格者 合格後5年以上 ※1,※2
2級建築施工管理技術検定
合格後5年未満で右の学歴の者
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
(イの区分で見てください) 卒業後9年以上 ※2
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後9年以上 ※2 卒業後10年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 14年以上 ※2

※1 主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、表中※1印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

※2 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中※2印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

1級 建築施工管理技士の仕事内容を詳しく見る

2級 建築施工管理技士

一般財団法人建設業振興基金の施工管理技術検定公式HPの「平成30年度 2級建築施工管理技術検定のご案内」ページより引用します。

下表の区分イ〜ロのいずれか一つに該当する方です。

区分 受験種別 最終学歴 実務経験年数
指定学科卒業 指定学科以外卒業
建築または
躯体または
仕上げ
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後1年以上 卒業後1年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴問わず) 8年以上
区分 受験種別 職業能力開発促進法による技能検定合格者 必要な実務経験年数
技能検定職種 級別
躯体 鉄工(構造物鉄工作業)、とび、ブロック建築、
型枠施工、鉄筋施工(鉄筋組立て作業)、鉄筋組立て、
コンクリート圧送施工、エーエルシーパネル施工
1級 問いません
2級 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
単一等級エーエルシーパネル施工 問いません
仕上げ 建築板金(内外装板金作業)、石材施工(石張り作業)、
石工(石張り作業)、建築大工、左官、タイル張り、
畳製作、防水施工、内装仕上げ施工(プラスチック系床仕上げ工事作業、
カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業)、
床仕上げ施工、天井仕上げ施工、スレート施工、熱絶縁施工、
カーテンウォール施工、サッシ施工、ガラス施工、
表装(壁装作業)、塗装(建築塗装作業)、れんが積み
1級 問いません
2級 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
単一等級れんが積み 問いません

※1.実務経験年数の基準日については、「受験の手引」P9.3をご覧ください。

※2.平成30年度より、職業能力開発促進法に規定される職業訓練等のうち国土交通省の認定を受けた訓練を修了した者は、受検資格を満たすための実務経験年数に職業訓練期間を算入することが可能となりました。

※「受験の手引」P9.3(1)基準日の設定…基準日は試験日の前日とし、基準日まで実務経験を算定できます。

2級 建築施工管理技士の仕事内容を詳しく見る

建築施工管理技士に求められるスキルとは

1級では施工計画や工程、品質、安全など施工管理に関する総合的な深い知識が求められます。記述式の試験が行われる実地では、自らの施工経験を具体的に説明できる文章力や高度な応用力が必要です。誤字は減点対象になるため、ケアレスミスへの注意も要求されます。

2級では、1級のように深い知識や高度な応用力は求められません。ただし、平成29年度から問題形式が変更され、学科試験でこれまで選択制だった建築、躯体、仕上げが共通問題になったため、分野を問わない全般的な勉強が必要になっています。

そのほかにも多様化している施工方法に合った専門知識も身につけておくと安心です。広い範囲の中から合格に必要なポイントを独学で押さえるのは難しいため、共同エンジニアリングでは建築の資格の専門スクールである総合資格学院と提携を結び、資格取得をサポートしています。

研修風景

たたき上げの成長はひと昔前の話。
未経験者でも安心の充実の研修をご用意!

共同エンジニアリングでは新入社員向けに綿密なカリキュラムが組まれた15日間にも及ぶ充実の研修を実施。コースによっては2~4週間、また追加講習等も行っています。たたき上げが多いこの業界でこれだけの研修制度を用意している企業は他にないのではないでしょうか。研修期間中には派遣先が決まるため、自宅待機も基本的にありません。資格取得にももちろん注力しており、建築・不動産関連資格試験の専門スクール「総合資格学院」と提携。働きながら、勉強が可能です。テキストや授業料、受験料も一部サポートしております。