施工管理技士のお仕事探求マガジン » プロに学ぶ!施工管理技士になるには?資格の種類と勉強方法ガイド » 建築施工管理技士 » 1級 建築施工管理技士

1級 建築施工管理技士

共同エンジニアリング研修講師

建築分野のスペシャリストとして評価される1級建築施工管理技士。就職や転職に有利になるのはもちろん、資格手当により年収アップを目指せるメリットがあります。ここでは1級建築施工管理技士について、国内外の建設コンサルティング事業で豊富な実績を持つ、共同エンジニアリング株式会社で施工管理の研修を務める講師が解説します。仕事内容をはじめ、資格取得のために知っておきたい情報をご紹介します。

1級建築施工管理技士の仕事内容とは

超高層ビルや公共施設などの大規模工事に携われる

1級建築施工管理技士は、取り扱える工事規模に上限がありません。2級建築施工管理技士の場合は中小規模の工事現場のみ取り扱い可能ですが、1級建築施工管理技士なら超高層ビルや公共施設といった大規模工事にも関わることができます。また、派遣社員を除いて監理技術者になれるのも1級建築施工管理技士ならではですね。それだけ責任や現場での役割が大きくなる仕事です。

建築工事に欠かせない重要な存在と役割の担い手

1級建築施工管理技士になると職務範囲が広くなり、建築現場により深く携われるようになります。施主や設計事務所との打ち合わせをはじめ、部下や協力業者に対する指示や指導なども1級建築施工管理技士の役目です。1級建築施工管理技士の管理能力が工事の進行に影響するため、求められる責任はかなり大きくなります。けれど、自らが中心となってイチから現場に携われるのは1級建築施工管理技士でしか味わえないやりがいですね。

1級建築施工管理技士の資格取得者の年収はどれくらい?

資格手当だけで36万円アップ!

1級建築施工管理技士の資格手当の支給額は企業によってさまざまですが、共同エンジニアリングでは1ヶ月に3万円を支給しています。つまり、1級建築施工管理技士の資格を取得すれば無資格の方と比べて年収が36万円もアップすることになるのです。資格手当のほかに経験年数や物件規模、本人の能力も基本給にプラスしているため、さらなる年収アップも目指せます。12ヶ月分の月収と毎月の資格手当、年2回の賞与を含めた金額が共同エンジニアリングでの年収額です。

1級建築施工管理技士になるには?受験資格まとめ

一般財団法人建設業振興基金の施工管理技術検定公式HPの「平成30年度 1級建築施工管理技術検定のご案内」ページより引用します。

下表の区分イ〜ニのいずれか一つに該当する方が受験可能です。

  • [注1]実務経験年数は、学科試験前日までで計算してください。
  • [注2]実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。

指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。

区分 学歴又は資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後5年以上 卒業後7年6ヶ月以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後10年以上 ※1,※2 卒業後11年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 15年以上 ※2
2級建築士試験合格者 合格後5年以上
2級建築施工管理技術検定合格者 合格後5年以上 ※1,※2
2級建築施工管理技術検定
合格後5年未満で右の学歴の者
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
(イの区分で見てください) 卒業後9年以上 ※2
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後9年以上 ※2 卒業後10年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 14年以上 ※2

※1 主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、表中※1印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

※2 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中※2印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

1級建築施工管理技士の試験の傾向と対策

学科

1級建築施工管理技士の学科試験では建築学等、施工管理法、法規といった建築に関する総合的な知識が求められます。実際に1級建築施工管理技士になるとすべての工事現場を取り扱えるため、幅広い建築施工に関する知識はもちろん、業務の要となる施工管理に関する深い知識が必要です。学科試験においても施工管理法は全解答数の半分近くを占める最重要分野になり、資格取得のキーポイントだと言えるでしょう。概略的な知識が求められる2級建築施工管理技士とは違い、1級建築施工管理技士の学科試験では全般的に高度な知識を身につけなければいけません。

実地

実地試験では高度な応用力が求められます。記述式となっており、施工経験記述では1級建築施工管理技士となるにふさわしい実務経験や技術的知識を持っているかどうかを論文形式で具体的に記さなければいけません。出題されるテーマに対して、いかに知識と経験を応用しながら答えられるかが重要になります。誤字は減点となるため、ケアレスミスへの注意も必要です。そのほかにも総合的な現場管理の経験や知識をはじめ、全体工程の把握能力も求められます。

共同エンジニアリングでの資格取得サポートとは

共同エンジニアリングでは建築の資格の専門スクールである総合資格学院と提携を結び、資格取得をサポートしています。広い範囲から合格に必要なポイントのみに絞った効率の良い学習法を取り入れることで、働きながらでも資格取得が可能です。そのほかにも、未経験からでも施工管理技士として一人前を目指せる充実した研修制度を導入しています。

研修風景

たたき上げの成長はひと昔前の話。
未経験者でも安心の充実の研修をご用意!

共同エンジニアリングでは新入社員向けに綿密なカリキュラムが組まれた15日間にも及ぶ充実の研修を実施。コースによっては2~4週間、また追加講習等も行っています。たたき上げが多いこの業界でこれだけの研修制度を用意している企業は他にないのではないでしょうか。研修期間中には派遣先が決まるため、自宅待機も基本的にありません。資格取得にももちろん注力しており、建築・不動産関連資格試験の専門スクール「総合資格学院」と提携。働きながら、勉強が可能です。テキストや授業料、受験料も一部サポートしております。