施工管理技士のお仕事探求マガジン » プロに学ぶ!施工管理技士になるには?資格の種類と勉強方法ガイド » 電気工事施工管理技士 » 1級 電気工事施工管理技士

1級 電気工事施工管理技士

共同エンジニアリング研修講師

電気工事施工管理技士とは、工事現場において電気工事を管理・監督する上級技術者のことを指します。国家資格の1つであり、1級・2級に区分されているのが特徴です。ここでは1級電気工事施工管理技士について、国内外の建設コンサルティング事業で豊富な実績を持つ、共同エンジニアリング株式会社で施工管理の研修を務める講師が解説します。仕事内容をはじめ、年収、資格取得のために必要な情報をご紹介します。

1級 電気工事施工管理技士の仕事内容とは

大規模な建物の電気工事に欠かせない上級技術者

1級電気工事施工管理技士の資格を持っていると、超高層ビルや公共施設といった大規模な建物の電気工事に携わることができます。工事現場では営業所ごとに設置が定められている専任技術者や主任技術者をはじめ、除いて監理技術者になることも可能です(派遣社員を除く)。1級電気工事施工管理技士の資格を有していることで高度な知識や技術があると認められるため、電気工事の現場に欠かせない存在として評価も高くなるメリットがあります。

裁量の拡大で能力を存分に活かして活躍できる

共同エンジニアリングでは1級電気工事施工管理技士の資格を持っている方には施主や設計事務所との打ち合わせをはじめ、部下や協力業者への指示や指導などをお任せしています。工事全体の進捗を把握したうえで適切な指示や打ち合わせができる管理能力が求められるため、責任が大きく、簡単な仕事ではありません。現場にもっと深く携わりたい、または能力を活かしたい方にとっては任せられる裁量が広がるので、やりがいを感じられるもってこいの仕事だと思います。

1級 電気工事施工管理技士の資格取得者の年収はどれくらい?

資格手当だけで年収36万円アップを実現!

会社によって金額はさまざまですが、1級電気工事施工管理技士の資格を持っていれば資格手当が支給されます。共同エンジニアリングでは月に3万円の資格手当を支給しているので、資格を持っていない方に比べて年収は36万円アップすることになります。そのほかにも経験年数や物件規模、本人の能力といった努力や実績が基本給に反映される体制を整えているため、さらなる年収アップも可能です。現場で無理なく働くためにも、収入面で優遇される資格の取得をおすすめします。

1級 電気工事施工管理技士になるには?受験資格まとめ

一般財団法人建設業振興基金の施工管理技術検定公式HPの「平成30年度 1級電気工事施工管理技術検定のご案内」ページより引用します。

下表の区分イ〜ホのいずれか一つに該当する方が受験可能です。

  • [注1]実務経験年数は、学科試験前日までで計算してください。
  • [注2]実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。

指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。

区分 学歴又は資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後5年以上 卒業後7年6ヶ月以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後10年以上 ※1.※2 卒業後11年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 15年以上 ※2
2級電気工事施工管理技術検定合格者 合格後5年以上 ※1.※2
2級電気工事施工管理技術検定合格後5年未満で右の学歴の者 短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
(イの区分で見てください) 卒業後9年以上 ※2
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後9年以上 ※2 卒業後10年6ヶ月以上 ※2
その他(最終学歴問わず) 14年以上 ※2
電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者 6年以上
(交付後ではなく通算の実務経験年数です)
電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付を受けた者 実務経験年数は問いません

※1 主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、表中※1印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

※2 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中※2印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。

※3 平成30年度より、職業能力開発促進法に規定される職業訓練等のうち国土交通省の認定を受けた訓練を修了した者は、受検資格を満たすための実務経験年数に職業訓練期間を算入することが可能となりました。

1級 電気工事施工管理技士の試験の傾向と対策

学科

学科試験では電気工学等、施工管理法、法規の3つの区分から出題されます。それぞれの区分で電気工事に関する幅広い分野から出題されるため、深い知識が必要です。テストはマークシート方式となっており、出題数に対して必要解答数が定められています。得意分野をはじめ、過去の出題傾向から確実に得点を狙うのがポイントです。ただし、施工管理法は全問必須解答の重要分野となっているため、専門用語や意味をしっかりと理解しておきましょう。

実地

実地試験は学科試験を合格していないと受験することができません。マークシート方式だった学科試験とは違って記述式となっており、施工経験をはじめ、施工管理に関する語句、ネットワーク工程表、電気工事全般の用語、法規などから出題されます。全問必須解答のため、電気工事に関する深い知識はもちろん、得点に繋げられるよう施工経験を具体的に記す文章力も必要です。誤字は減点対象になるため、解答後の見直しも必須になります。

共同エンジニアリングでの資格取得サポートとは

共同エンジニアリングでは働きながらでも資格取得を目指せるよう、建築の資格の専門スクールである総合資格学院と提携を結んでサポートしています。1級電気工事施工管理技士の資格は幅広い範囲から出題されるため、過去の出題傾向から範囲を絞ったり対策を立てたりなど、効率良く得点を稼ぐための勉強が必要です。建築の資格に特化した専門スクールであれば積み重ねてきたノウハウがあるため、独学よりも効率良く資格取得を目指せます。

研修風景

たたき上げの成長はひと昔前の話。
未経験者でも安心の充実の研修をご用意!

共同エンジニアリングでは新入社員向けに綿密なカリキュラムが組まれた15日間にも及ぶ充実の研修を実施。コースによっては2~4週間、また追加講習等も行っています。たたき上げが多いこの業界でこれだけの研修制度を用意している企業は他にないのではないでしょうか。研修期間中には派遣先が決まるため、自宅待機も基本的にありません。資格取得にももちろん注力しており、建築・不動産関連資格試験の専門スクール「総合資格学院」と提携。働きながら、勉強が可能です。テキストや授業料、受験料も一部サポートしております。