施工管理技士のお仕事探求マガジン » 施工管理技士になるとできること » 専任技術者

専任技術者

専任技術者とは、建設業に関して一定の経験や資格を持つ技術者のこと。建設業を営む営業所ごとに「専任」で置かれることを義務付けられています。では、専任技術者はいったいどんな仕事をしているのでしょうか?以下ご紹介します。

専任技術者の仕事内容

専任技術者の主な仕事は、派遣先の営業所での発注者とのやりとりや請負契約のサポートなど。営業所に常勤することが求められるため、原則、工事現場に出ることはありません。

専任技術者の給料・年収事情

専任技術者の求人は年収400~800万円と幅広くあります。これは企業の規模や個人の実力によって差が生じるため。東京オリンピック後に多くのベテラン施工管理技士が引退すると言われる2020年以降、有資格者であり、なおかつ法律で営業所に置かれることを定められている専任技術者の需要は今後も高まり続ける=給与もアップすることが想定されます。

専任技術者の将来性

復興需要や東京オリンピックの開催などによる公共事業の活性化はひろく知られているところ。つまり、この先、それだけ多くの企業で資格やスキルを持つ人材は求められていくのです。しかし、IT企業をはじめとする比較的新しい産業の台頭により、危険・大変といったネガティブイメージを持たれやすい建設業界への就職・転職者は少ないのが現状。そんな中で専任技術者といった立場を任せることのできる人材となれば、より好条件の環境で仕事をすることは間違いありません。とりわけ専任技術者の存在は、建設業許可を受けるうえで必須となります。そのため専任技術者を担うことのできる施工管理技士の資格はこの先も非常に有利な武器となるのです。

専任技術者になるには?必要な資格

一般建設業と特定建設業(土木工事業、建築工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、造園工事業)によって受験資格が異なります。一般建設業は、国家資格などを持っていること・一定の実務経験があること。特定建設業はさらに条件が厳しく、これらの条件に加えて、許可を受けようとする業種での指導監督経験があることが求められます。簡単にまとめると、1級施工管理技士であれば、特定建設業と一般建設業いずれの建設業許可を受けるための専任技術者を担うことができ、2級の場合は一般建設業のみとなります。