施工管理技士のお仕事探求マガジン » 施工管理技士になるとできること » 監理技術者

監理技術者

監理技術者とは、下請契約の請負代金が建築一式工事で6,000万円以上、それ以外の工事で4,000万円以上の場合に、配置が必要となる人のこと。建築一式工事で7,000万円以上、それ以外の工事で3,500万円以上の場合は、専任での配置が求められます。では、監理技術者はいったいどんな仕事をしているのでしょうか?以下ご紹介します。

監理技術者の仕事内容

プラントや建設現場などで、工程管理や安全管理をはじめ首尾よく高品質な施工が行われるための監理業務が任されます。また監理技術者の資格を持つ方は、現場所長代理の仕事が任されることも。責任や裁量の範囲は広く、果たすべき役割も大きいですが、それだけやりがいがあります。

監理技術者の給料・年収事情

給与平均は600~800万円。若い監理技術者は比較的年収が低いようですが、言い換えてみれば技術と経験を積めば収入アップが見込めるということです。開発事業は今後ますます需要の高まりが期待されているので、業界全体の給与の向上も期待できるでしょう。

監理技術者の将来性

下請契約4,000万円以上の建設工事(建築一式工事以外)はすべて監理技術者の現場となるため、個人の住宅を除くほぼすべての建物が対象となります。このことから、将来的に仕事がなくなるとは考えにくいだけでなく、この先も需要が無くなることはありえないことがわかりますね。近年では東京オリンピックに向けて公共事業が活発化し、至るところで監理技術者の需要は高まってきています。

監理技術者になるには?必要な資格

監理技術者講習を修了し、監理技術者資格者証の交付を受けることでなれます。講習を受けるための条件は、指定建設業(土木工事業、建築工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、造園工事業)なら国家資格などを持っていること、その他の22業種なら一定の実務経験を持っていること。受講資格は持っている資格や経験、学歴などによって変わります。