施工管理技士のお仕事探求マガジン » PICK UP 建設業界で活躍する「女性施工管理技士」たち

PICK UP 建設業界で活躍する「女性施工管理技士」の声

女性施工管理技士

鉄鋼加工場の事務員として働いていた前職時代、プラント施設の現場に行くことがあったというTさん。その時に、現場で働いている方や現場で造られていくのを目にし、「自分も現場での仕事をしたい!」と思ったことが、施工管理技士を目指すきっかけにーー。そんな折、共同エンジニアリングの「未経験OK」という文言を見て「私にもできそう」と思ったのが、彼女の施工管理技士としての人生のスタートでした。

現在の仕事は、改修工事の現場で施工管理のお仕事を担当。ただ現場を見るだけではなく、工程表の作成や図面の修正、打合せ・調整、現地調査、積算、書類作成など、仕事内容は多岐にわたります。未経験のためわからないことはたくさんあるようですが、いろいろなことに挑戦できる共同エンジニアリングの環境に魅力を感じているんだとか。

施工管理のお仕事で、女性ならではの大変なことはありますか?

扱いは違うんだなとは感じていますね

考えようによっては差別と捉えられるかもしれませんが、今配属されているところでは、女性は夜間勤務をさせないというのが基本です。協力会社の中には、女性だからと上から見てくる方もいます。大変なことというより、男性とは別な扱いというところで扱いは違うんだなとは感じていますね。

私個人の考えでは、これは仕方ないことだと思うこともあります。実際に、ある女性の方が「私、女だから」と言うことをアピールし、現場の空気が気まずくなったという話も聞いたこともあります。そういう人が1人でもいると、どうしても男性とは同じように見てもらえなくなります。私自身、男性だろうが女性だろうがそれが自分の職務であるならばやらなければいけないと思いますし、私は男性に負けずやってやろうという気持ちで日々業務に取り組んでいます。

反対に、性別は関係ない!と感じる瞬間はありますか?

性別関係なく、一人ひとりの性格や考え方、思いを優先してくれます

今配属されている現場では、私の性格や考え方、思いを優先してくれています。夜勤勤務でも私がやりたいと言えば、実際にやらせてくれます。ただし、組織の中でのことなので、やはり管理体制上、女性1人では夜間勤務はさせないということで、現場で夜間勤務をする際は常時2人体制になっていますが…。まあ、性別は関係なく、その人のやる気次第では形がどうであれ、どうにでもなるということですね。

Tさんが施工管理のお仕事にやりがいを感じた瞬間や、
思い出に残っているエピソードはありますか?

女性施工管理技士

何よりもお客様からの「ありがとう」という言葉をいただきたとき

モノが出来上がっていく過程で変更点が発生することはあるのですが、柔軟に対応して、しかも、工期内に無事に終えることができたときは達成感がありますね。それから何よりもお客様から「ありがとう」というお言葉をいただいたときは「やって良かった」と思えます。

今後の夢や目標、展望は何ですか?

女性だけの現場員で、女性の目線の仕事に携われたら…

年齢的に、未経験で今から新築現場を一から始めるのは難しいと感じています。でも、改修現場で少しでも多くの経験と知識を積み、現場代理やマネジメントの方向に関わればいいと思っています。いずれは、女性だけの現場員で、女性目線の仕事に携わることができたら面白いなと思います。

女性施工管理技士

女性のほうが施工管理技士に向いている!

施工管理の仕事に求められる能力は、やはり現場で職人をとりまとめるという仕事の特性上、コミュニケーション能力は大きいもの。その点、女性のほうがやわらかく、細かい気配りができる方が多いので、円滑に現場をまわせることが多くあります。共同エンジニアリングでは女性の施工管理技士も積極的に募集しています。ご興味のある方は、現場で働く女性スタッフの声をぜひ参考にしてみてください。